主な便座レース会場

東兎町商店街

とうとちょうしょうてんがい
 通称東兎銀座。川谷選手の出身地。古くは宿場町として栄え、昭和初期に川谷重工(当時は川谷製作所)が近隣に大規模な陶器工場を建設した事から大きく発展する。昭和以降は景気後退に伴う川谷重工の規模縮小の影響により、かつてのような活気は無い。高齢化と過疎化が進んでおり空き店舗と空き家が目立つ。2010年から地域振興の一環として便座レースの公式大会を誘致。川谷選手の世界的な活躍もあり注目を集め、外国人観光客も急増している。名物は東兎せんべい。
コースは東兎町の古くからの街並みを疾走。連続する直角カーブにより正確なコーナリングテクニックが要求される。アーケード街を貫くメインストレートは爽快だか通行人が多く注意を要する。町内会の高齢化によりレース開催の周知が徹底されていないようだ。見せ場であるジャンプ台は若き日の川谷浩一選手が川辺で特訓したエピソードに基づき町内会の青年部が設置したもの。便座レーサーを追跡する猛犬の目撃情報あり。

 

稲楠団地

いなくすだんち


尻屋会長が選手としてデビューする前、この稲楠団地で早朝に便器に乗り新聞配達をして尻を鍛えたという逸話から、便座レーサーを目指す若者の聖地として今も昼夜を問わず若者が便器で坂を上っている。コース上には住人からの差し入れドリンクが随所に置かれている。
登り階段でのロスを減らす事と、下り坂からのカーブをどれだけの速度で通過できるかが鍵となる。


大蒜池

にんにくいけ

稲楠市の外れにある小さな池は、レーサーを目指す者がライセンスを取得する前に練習を重ねるトレーニングコースとして知られる。あるテレビ番組の企画で池の水を抜いたところ、底から大量の便器が発見された。
池周辺では山の斜面に乗り上げないよう細心の注意が必要。また、縄張りを侵害され興奮して走り回る野良犬は大きな脅威となる。

Ben Joe Street

ベン・ジョーストリート


「ベン・ジョーなら何とかしてくれるさ」が地元の人々の口癖だった。60年代、ベン・ジョー氏が起業し発展させた「BJT」の便器生産で街は活気に溢れていた。しかし時代の推移と共に「BJT」の便器は他社製品に遅れをとり「BJT」は倒産。工場跡地と倉庫群を残し、人々は去っていった。現在ベン・ジョー氏はカリフォルニアで優雅な生活を送っているという。

 


Hescatore Stadium

ヘスカトーレスタジアム


名門チーム、アルキメデスヘスカトーレが本拠地とするサッカースタジアムとして知られているが、便座レース会場としても使用されている。夜間は照明を派手にした「トイレットフェスタ」と呼ばれるイベントが行われ、世界中からファンが詰めかける。


SponTown

スポンタウン


スポンタウンと呼ばれるスラムでは、サーカス団が残していった曲芸用の便器を使って、貧しい子供達による便座レース大会が行われているという。この中から将来の大スターが生まれるのかもしれない。


仁王デパート

におうデパート


 仁王ホールディングスを持ち株会社とする企業グループ「仁王グループ」系列の百貨店。一般にはプロ野球球団「仁王ブルーレッツ」が広く知られ、チームが優勝すると仁王デパートは大バーゲンを行う。バブル崩壊後の業績悪化を契機に高級路線から一転「家族で遊べるデパート」をスローガンに親しみやすさを売りにする経営路線に転向した過去がある。トイレ用品部門の「売り場を最大限に活かしたい」という発案が経営陣を動かし、史上初となる屋内での公式便座レースの開催が実現した。
レースは食品売り場からのスタート。各階をつなぐエスカレーターは非常に狭いため、フロアでの混戦をいかに制するかが課題となる。レース開催中もデパートは通常営業を行っているので、買い物客との衝突を避ける反射神経とテクニックも求められる。古い遊具が置かれた屋上もあるようだが、解放されるのだろうか…?
(-Toilet Shooting Star- には登場しません) 


茨城トイレットパーク(ITP)

いばらきトイレットパーク 

 奥田グループが茨城のある山を買い取って作り上げた、トイレが題材のテーマパーク。主なアトラクションは「ツレッションG」「トイレットアンブレラ」
イメージキャラクターの「高橋君」はトイレの国から来た妖精。 
そのパーク内に便座レース専用のサーキットがあり、アマチュアからプロまで多くの便座レーサーが競い合っている。
(-Toilet Shooting Star- には登場しません)